レイクで借入した場合、分割返済を選択すると自分で決めた日に返済しなければいけません。

予め借入金額ごとに最低支払金額が決まっているので、最低も月に1回最低支払金額を返済したら良いのですが、忘れたりその他の事情で返済日までに返済する事が出来ない場合があると思います。

もし、延滞した場合、レイクでは20%の遅延損害金が1日事に発生してしまうので、早めに支払わないとどんどん利息が高くなります。

通常であれば2~3日中には、レイクより催促の電話があるので、事情を説明した上で何日までに返済する事が出来るのか?伝える事で遅延損害金は加算されますが、再度催促の電話が来ることはありません。

遅延損害金についてですが、10万の借入の場合、1日で55円加算されてしまいます。1日で考えると少額ですが、1カ月延滞すると1650円となります。

さすがに1カ月も延滞してしまうとレイクは、債権回収業者へ催促依頼を出す事になるので、今まで以上に催促が厳しくなります。

催促が厳しくなるとは言っても悪質な取り立てがあるわけではなく、利用者と連絡が取れた後に返済することでことなきを得ますが、延滞した情報は、個人信用情報に記録されるので新たに融資を受ける際や限度額引き上げなど、審査を受ける際にその延滞記録がネックとなり落ちてしまう事は必須です。

借入金額が高いほど、利息も多く発生するので延滞は絶対にしてはいけませんが、万が一延滞してしまう場合には、必ず返済が遅れる事は必ず連絡しましょう。

連絡するといつまでに返済する事が出来るのか?聞かれると思いますが、曖昧に答えるのではなく、明確にいつまでに出来ると伝えましょう。
不測の事態に備えて貯金をする事も大切だと思いますが、借入する前に返済が苦しくならないか?無理が生じないか?十分に検討して返済計画をしっかりと立ててから借入する事で不測の事態にも対応する事が可能と思います。
今後のためにも大切な信用情報に傷がつかないように気を付けましょう。

今すぐお金が必要な場合はココをチェツク